ニュース

博士課程後期2年の小田川君が筆頭著者の論文がAPL Materialsに掲載されました。

小田川君(D2)が筆頭著者の論文「Enhanced interlayer electron transfer by surface treatments in mixed-dimensional van der Waals semiconductor heterostructures」がAPL Materialsに掲載されました。
※本発表についてプレスリリースを行いました。
基板の表面処理で原子層二次元半導体の電荷制御に成功 ─ 従来より極めて超低消費電力の電子デバイス実現に道 ─

本研究室所属学生の菅原さんが韓国磁気学会サマーカンファレンスのジョイントセッションとして開催された日韓スピントロニクスワークショップにおいてベストポスターアワードを受賞しました。

M2の菅原さんが、韓国磁気学会サマーカンファレンスのジョイントセッションとして開催された日韓スピントロニクスワークショップで発表を行い、ベストポスターアワードを受賞しました。おめでとうございます。受賞対象の発表は、「GaAs量子井戸 におけるドリフト電子スピン波の波長変調シミュレーション」です。

本研究室所属学生の檜山さんが第27回半導体におけるスピン工学の基礎と応用(PASPS-27)において優秀ポスター賞を受賞しました。

学部4年生の檜山さんが第27回半導体におけるスピン工学の基礎と応用(PASPS-27)で優秀ポスター賞を受賞しました。おめでとうございます。
受賞対象の発表は、「GaAs 量子井戸における空間光変調器を用いた電子スピン波の波数制御」です。

上部へスクロール