本学 金属材料研究所の塩貝助教(特別推進研究 共同研究者)の研究がApplied Physics Lettersに掲載されました。
本研究は、ドイツ・レーゲンスブルク大学との共同研究による成果となります。
また、本成果は「Editor’s pick」(編集部による注目論文)に選ばれました。
長距離核スピン偏極の観測に成功 ~半導体チャネルを用いたスピン流デバイス実現への大きな前進~

Scroll to Top